無料モニター酒蔵様募集

Sakeholicサービス開始を記念して、無料モニター酒蔵様を先着50社を募集いたします。必須項目をご入力の上、ご応募下さい。

1.無料記事掲載+SNS発信(先着20社様)

2.無料試飲動画作成(先着20社様)

3.  無料ライブEC(先着10社様)

ご希望の項目をお選び下さい。

日本酒の世界デビューが月3万円台から可能に!海外マーケティング「Sakeholic」サービス開始! モニター募集

海外市場調査や輸出を請け負う日本の酒の総合ワンストップサービス

"SAKE"の魅力は年々海外市場で広く知られてきており、輸出量は伸びています。他方、全国に1,400以上の酒蔵があり、特徴のある素晴らしい酒が多くあるにも関わらず、日本酒の海外マーケティング・販売に苦戦中の酒蔵様は少なくない状況です。

特に、成長市場である中国におけるマーケティング・プロモーションは、中国現地のインポーターやディストリビューターに任せざるを得ない状況にあります。そこで、日本の酒、日本の食文化の良さを世界へ伝え、簡単・格安・手軽に、海外各国市場で、オンライン・オフラインでの総合輸出一体型プロモーションを可能としたのがSakeholicです。サービスモニター酒蔵様を募集します。

広告・マーケティング・ブランディング会社のRASTERIZE Co., Ltd.(本社所在地 香港/代表取締役社長 佐久間将司、以下「RASTERIZE」)は、香港を拠点にアジア各国に展開する広告業での10年を超える経験を活かし、酒蔵・酒販店様に、手間や費用面での負担がなく、気軽に海外市場でのマーケティングやプロモーションにもご活用いただける各種プランを多言語で提供します。日本酒のマーケティング・輸出販売のワンストップサービス「Sakeholic」を2020年7月1日より開始します。

Sakeholicの目的と強み

RASTERIZEがこれまで広告代理店として培ってきた全ての経験と知識を注ぎ込み、酒蔵様・酒販店様のビジネスに対して、国境を超えて多角的に支え、大きく発展させることを一番の目的としています。「Sakeholic」のチームスタッフには、酒・新商品開発・営業・輸出・マーケティング・ブランディング・デザイン・レストランビジネス・ビジネスコンサルティング・経営戦略などの様々な専門家がおります。スタッフや現地パートナーは、日本人・中国人・香港人・韓国人・台湾人・シンガポール人で構成され、など各国の言語と事情に精通する多国籍チームです。各市場のローカル視点で日本酒の輸出を総合的にサポートするのがSakeholicのサービスです。

こんなお悩みはありませんでしたか? 

「これまで補助金をもらいながら海外の展示会に出てきたが、その後のアフターフォローをやってこなかったので、出ただけになってしまった・・・・・・。」

 

「単独で海外のマーケティングやプロモーションとなると、かなり高額になったり、どんな手法を取ればよいのか、検討もつかない・・・・・・。」

 

「国ごとにアルコール類の好みや文化が異なるため、それぞれの国に合わせたマーケティングが難しかった・・・・・・。」

 

このようなお悩みをお持ちの酒蔵様のマーケティング戦略やアフターフォローをも万全に行い、各国市場参入すべてをワンストップで、そして最小限の費用でお任せ頂けるのが、今回の新サービス「Sakeholic」の魅力です。

Sakeholicの5つのメリット

1.月3万円台から海外マーケティングから販売まで可能

2.輸出手続きもすべて代行

3.中国市場向けの主要SNSもカバー

4.現地ディストリビューターへの販促やインフルエンサーとのコラボ

5.世界向けのEC販売が可能

月3万円台からという低価格で英語・中国語(繁体字・簡体字)での海外各ローカル市場向けの日本酒のウェブサイト・SNSプロモーションとEC販売(以下「SakeholicEC(仮称)」)を展開します。RASTERIZEがこれまで築き上げてきたネットワークや経験を生かし、中国全土、香港、台湾、シンガポール、その他アジア諸国を中心に、酒蔵様・酒販店様の要望に沿う形で、展開が可能となります。

面倒な輸出手続きもすべて代行

日本酒の海外販売にはどうしても煩雑な輸出手続きが発生します。

RASTERIZEが海外へ販売する場合、別途手数料なしで弊社で輸出手続きを代行致します。これまで障害となっていた輸出手続きをRASTERIZEが代行し、酒蔵様・酒販店様の皆さまに安心して海外輸出をしていただく基盤を作ります(酒蔵様にて原産地証明書を取得していただき、RASTERIZEへご提供いただきます)。

中国向けの主要SNSもすべてカバー

2020年4月、中国広東省広州に100%子会社を設立し、中国のネット検閲システム「グレートファイアーウォール」を超えて、中国国内においても、諸外国と同様のプロモーション展開を可能にしています。

 

酒蔵様は、Sakeholicを使うことによって、日本ではおなじみのFacebook、Instagram、Twitter、Youtube(Sakeholic TV)だけではなく、中国本土のWeChat、RED、Weibo、bilibiliといった人気動画プラットフォームを通して、各国の消費者の好みに合わせた形で日本酒の楽しみ方を届けられます。各SNSを通して、商品紹介や現地での商品ファンづくりまでを視野に入れトータルプロデュース案を提案していきます。

 

SNS投稿頻度はそれぞれ異なりますが、3つの基本プランを用意しています。Sakeholicのウェブサイトへの掲載、SNSへの掲載、SakeholicEC(仮称)での販売やそれに伴う輸出手続きの一切をサポートいたします。SNSへの投稿コンテンツも、現地ライティング専門スタッフが各地の消費者の好みに合わせた形で執筆します。

世界初の中国市場を含む世界多言語

同一コンテンツ・同時掲載の日本の酒のメディアと販売のプラットフォーム

現地ディストリビューターとの連携やインフルエンサーとのコラボ

各国市場での人気インフルエンサーとのコラボレーション、現地タレント・シェフによる日本酒の紹介、現地食に合わせた日本酒のペアリング紹介もサービスとしてご提供致します。最新の消費動向に合わせ、試飲動画のライブ配信も展開致します。現地インフルエンサーの意見も活用し、海外の視点を多く取り入れた新商品の開発にも対応可能です。

現地でのEC販売が可能

RASTERIZEは、2020年9月から、自社EC販売サービス「Sakeholic EC(仮称)」を、中国本土、全世界で開始します。日本酒業界ではこれまで実現されてこなかった中国本土をも含めた全世界へのEC販売が可能になり、酒蔵様・酒販店様は、Sakeholicでプロモーションしながら、同時に販売することが可能になります。海外で当たり前になっているインフルエンサー起用による販売方法(現地インフルエンサーがSNS内で紹介した商品をそのSNSやウェブサイトで購入できる方法)や、ライブでのEC販売を取り入れています。消費者がどこの国にいても、Sakeholicのライブ放送動画にて、実際に商品についてインフルエンサーに質問や感想をやり取りし納得した上で購入できるようにしていきます(注:このような方法を、ライブECと呼んでいます)。

酒蔵ツアー等の訪日誘致のサポート

コロナウイルスからの回復後は、現地インフルエンサーとの酒蔵ツアー、諸外国の動画撮影部隊による現地訪問でのライブツアーなどの訪日インバウンド観光の企画も予定しており、酒や食文化を軸として複合事業展開を行います。

伝統産業への感謝と保護

Sakeholicは、今後、売上の一部を日本の酒造産業を守っていくために、毎年寄付し続けます。

Copyright 2020 RASTERIZE Co., Ltd. All Rights Reserved.